ココロが壊れたら体を!体が壊れたらココロを!

 

ココロが壊れたら体を!体が壊れたらココロを!

ということは、よく耳にされるかと思います。

心理療法、カウンセラーに従事する方は、

直接に手をふれることはタブーです。

 

神経症系統の方が、回復のプロセスでは

(主体性がでてくるなかで、姿勢の変容が

腰、背中の伸び、胸の開き)

現れてくるといわれています。

 

ニコニコタッチのセルフケアを

自律支援のセルフケアとして

活用いただいている事例もあります。

 

姿勢の変容は、無理するとリバウンドがでやすいです。

ニコニコタッチでのプロセスが、無理なく

伸びる、開くの方向に自分で、導けるところ

から、ご活用いただいているようです。

 

◆開発背景・理論
http://niconico-touch.jp/wp/?p=123

◆体験コースの詳細
http://niconico-touch.jp/wp/?p=1228

◆ホームケアコースの詳細
http://niconico-touch.jp/wp/?p=1228

◆セルフケアコースの詳細
http://niconico-touch.jp/wp/?p=1223

◆ご参加者の声
http://niconico-touch.jp/wp/?cat=4
http://niconico-touch.jp/wp/?cat=9

◆日棒出版社さんのWebマガジン
http://www.ko2.tokyo/#!簡単!ニコニコタッチセラピー体験%E3%80%82-第一回-文%EF%BC%8F河野智聖/cmbz/E26550B2-655E-4F8B-A01F-B21F87804A6B

◆講座日程、申し込みフォーム
http://niconico-touch.jp/wp/?page_id=26

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!