【マイナスエネルギーをも消失する 力強いルーティン】

ニコニコタッチの開発者の河野智聖先生が関節運動(表層の筋肉に依存しない、達人のコツに通じる骨主体の運動)提唱したのは、2000年代の一桁の頃から。

月刊秘伝、書籍の日本人力で、紹介されていました。

日本人力という書籍では、日本文化と世界各国の文化、思想のちがいを

身体文化から考察しています。

 

正座、歩き方、道具の使い方など、動体学的に視点から紹介されています。

ニコニコタッチとの位置関係で、

いうと今の時点では、日本人力が、大きな岩、巨木ににたとえると

そこに生育する粘菌(苔のごとくに根をもたずに繁殖して、滑らかささを醸し出す。)

がニコニコタッチではないかと、

捉えるときもあります。(個人的な仮説です。)

皮膚の流れを整える。。。。日本人的な動作である正座、拍手、お酌が滑らかさがでてきました。

カドがとれた、柔らかな動きに、エネルギーがながれ、

マイナスエネルギーも消失しうる力強いルーティンになりました。

同じニコニコタッチするのでも、左脳、右脳、大脳辺縁系、脳幹という補助線を引いていいくと面白い!シンプルな動きが、シンプルでなくなる。。。。!?に驚愕。

 

受講者体験談より抜粋。

チセイメソッド・ニコニコタッチセラピー

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!